クラウド会計を活用した経営改善コンサルティング

 FinTechの象徴ともいうべきクラウド会計。弊社では業務用にはMFクラウド、経営者の家計の把握にはマネーフォワードをお勧めしています。


 MFクラウドで記帳を行うことで、

 ①ネットバンキングによる預金の出入り

 ②経費用に使っているクレジットカードの使用データ

 ③アスクルやアマゾンなどの通販サイトの使用データ

 を自動で取得し、仕訳の状態まで加工してくれます。あとは内容を確認しながら登録をしていけば大半の記帳は自動化できます。

 またレシートや手書き領収証などはサブアプリのMFクラウド経費を使い、領収証をスマホで撮影し費目を指定してやればこれもどんどんMFクラウドにとりこまれていきます。

 これをコンサルティング組み合わせるとさらに威力を発揮します。

 ①会計数値が正確 …仕訳がほとんど自動読込でカバーされるので打ち間違いがなくなる。また粉飾の余地もなくなる

 ②時間短縮により試算表を月初に見ることができる(日々の売上も把握できる)

 ③MFクラウドの豊富な帳票メニューをつかい、業績把握が容易に


 「正確に」「早く」そして「低コストで」業績把握が可能になりました。そしてそれは融資申し込みや経営計画策定、予実管理に生きてくるのです。

 コンサルティングは、まずクラウド会計導入により自計化を達成すること、それを基礎に経営を把握し改善を目指す、という順序で行います。

 ネット接続可能なPCがあれば、クラウド会計導入が可能です。その後のコンサルティングは業績把握をしながらスカイプ、ハングアウトなどを活用して進めていきます。

 

中小零細企業の経営改善はワイズコンサルティングへ

中小零細企業の経営改善コンサルティングを手がけます。問題抽出、対策立案、実行をアドバイスします。クラウド会計の導入を組み合わせ「早く正確に低コスト」で経営改善を行います。事業再生のご相談もお受けします。まずはノウハウ公開ブログをご覧ください。「いままでコンサルティングを経験したことのない事業主にコンサルティングを経験していただくこと」を目標に取り組みます。

0コメント

  • 1000 / 1000